【LOVE&Co. JOURNAL】ピンチ!なお財布事情と寄付つきポストカード販売お知らせ


Pocket

先日恐れいていたカードの支払い請求がやってきました。

金額を見て目玉が飛び出そうでした。。。

LOVE & Co.は設立当初から「寄付だけに頼らない保護活動」を目指して、保護猫たちをモデルにしたコーヒーや雑貨の販売の売上げを主軸に保護活動をしています。

 

保護活動にはお金がかかる。。というのはどこも一緒。
LOVE & Co.も例にもれず、潤沢な資金があるわけではないので、基本的にお恥ずかしながら自転車操業です(汗)。

野良猫の保護って、助けたからって誰かがお金を出してくれるわけでもなく、興味のない人はお金出してまで助けるべきではないと思われてる場合が多いし(税金を使うなら人間の方に使うべき、とかね)、はっきり言って、助けたい人が自己責任でやるしかないという状況です。だから「気になってしまったもの負け」の世界です。

基本的に保護したい人は、自分で身銭を切るしかない。
だから保護活動をしている人はほとんどの方がそうですが、普段は普通にお仕事をしてお金を稼いで、そのお金を元に空いた時間や休日を使って保護活動をするしかないんですよね。私もそうでした。

でも、保護活動してると応援したいと言ってくれる人はたくさんいて、だからと言って寄付に依存してしまうと「もっと倹約すべき」と思っていろいろ身動きが取れなくなってしまうし、寄付が途絶えた時点で保護活動もできなくなってしまうので、寄付だけに頼るのは危険なところ。
ならば、事業で得た利益で、小さい規模でも長く保護活動を続けることができたらいいね!ってことで、現在のLOVE & Co.ができました。

設立時は、国民金融公庫から数百万を借り、クラウドファンディングにて皆さまからご支援いただいた資金でなんとか設立。
未だに自転車操業だし、スタッフの給料は学生のバイト並ではありますが、それでもなんとか3年目を迎えることができました!

 

 

だったのですが、ここに来て設立以来のピンチが〜!!!

猫を保護すると、平均1頭あたり5万円の医療費がかかります。
それだけだったら良いのですが、病気で手術や入院が必要だったり、二次診療で検査が必要だったりすると、諭吉さんがどんどん飛んでいきます。

先月はあられちゃんの乳腺腫瘍で30万円以上かかってしまいまして、それプラス、うしくんの入院や、ホッパー氏などが重なって、カードの請求が40万円を超えてしまいました。。。

なんだ、40万くらい?と思われるかもしれませんが、これ以外にも猫の保護場所を兼ねているオフィスの家賃・光熱費、税金・人件費にオンラインショップの送料無料負担分などの固定費が毎月100万近くかかり、それにプラスして商品の仕入に数十万、医療費に数十万かかり、毎月の事業も合わせた出費は結構な額になっています。

もちろん、売上げが支出を上回っていればいいのですが、メイン事業であるオンラインショップの売上は冷や汗が出ることもしばしばで、売上を伸ばすために新商品を出したくてもキャッシュが不足して仕入できないジレンマ(^_^;)

LOVE ME SHOPをもっと広く多くの方に知っていただきたくても広告費などをかけられる費用は無いので、SNSにていろいろな情報を発信しています。

フォローがまだの方はぜひ!
Instagram
Twitter
Facebook

一般社団法人で運営しているのでご寄付もいただいているのですが、積極的なDONATIONをうたっていないこともあり、毎月月末はかなりピンチっっ

そんな中、ここへ来て、郵政からさらに追い打ちをかけるような打撃をいただきました!
LOVE ME SHOPの商品を発送する際の運賃の200円もの値上げ & 定形外郵便の集荷廃止です(泣)。

近年の運送費の値上げは弱小企業にはなかなか厳しいものがあり、LOVE ME SHOPでも6,000円以上送料無料から10,000円以上送料無料に引き上げさせていただいたばかり。

苦肉の策で定形外郵便を使ってきたのに、それも廃止なんてひどい〜〜!

売り上げDOWNは避けたいところなので、なんとか10,000円以上送料無料は守りたいところなのですが、商品ラインアップもあまり多いわけではなく、LOVE ME SHOPで1万円以上購入するのって結構大変なんですよね。

 

そこで、お客様からご指摘いただいたお言葉を思い出しました。
「送料を支払うくらいなら寄付して1万円以上にしたい」と!

実際にはこちらで送料を負担しているので全額が寄付にはならないのですが、お買い物ついでに「ちょこっと寄付」できたら寄付ももっと身近で手軽なものになるんじゃないかしら~
海外では寄付やボランティア活動はごく一般的なことだし、日本でももっと広まるといいな~と。

そんな経緯で、寄付付きのドネーションポストカードを作ってみました。

LOVE & Co.の永遠の看板猫、Dr. ごましお先生の全面的なご協力を得て、ごまのリアル肉球がついたポストカードは、1,000円からご寄付いただけます。

Dr. Gomashioより愛を込めてポストカードをお送りします!

 

LOVE & Co.では受け入れられる保護猫の頭数も少ないし、「数」よりも「質」を重視しているので、猫たちの医療費を下げようと思えばもっと下げられますが、それはしたくない。

過去に保護したばかりの猫が原因不明の病気になって生死をさまよったことがあります。
大学病院で順番まちしていたら間に合わないので、民間の高度医療の病院に連れて行ったら「野良猫にここまでお金かけれますか?」って何度も聞かれて、複雑な気持ちになりました。

病気になったり、心配なことがあれば、自分の家の猫と同じ医療ケアを受けさせてあげたい。今まで外で頑張っていた子達なので、家猫よりもいろいろケアが必要なのは仕方のないこと。

お陰さまであられちゃんは無事に避妊手術後の抜糸も終わり、すっかり元気になりました!
あられちゃんの元気な姿を見れるのだからプライスレス!(と言いたい・笑)

あられちゃんが命をかけて守ってきたチビたちもすくすく育っています

いつもお世話になっている病院では先生ののご好意で普通よりもお安くしていただいていますが、二次診療施設や検査機関や救急病院ではそういうわけにもいきません。それに、保護猫を盾に値切るのもなんか違うような気がするのですよね。(ご好意はありがたく受け入れますが。)保護したばかりの子って暴れたり人に慣れていなかったりで、病院の方も大変だったりするし。。

なので、お金がピンチになったら、猫たちの医療費をケチるのではなく、せっかく会社を作ったのだから、頑張って売り上げを増やせばいい、というスタンスでやっておりますので、ぜひぜひLOVE ME SHOPでお買い物していただけましたら嬉しいです!

 

LOVE & Co.では譲渡時に里親さんにご負担いただく金額を一律3万円(2頭目は1万円)でやっています。かかった医療費の実費になるとすごく差が出てしまうし、一律でやってきたのですが、不妊手術の有無で金額を変更するなど、将来的にもうちょっと見直してみようかとも思っています(変更の際は改めてADOPTIONページに記載しますね)。

長々とピンチなお財布事情を綴ってしまいましたが、お金がかかるからといって猫を保護することをやめたり、医療ケアを省いたりはしません(会社が潰れない限り!)。

LOVE & Co.はちっちゃな会社だし、助けられる猫もほんの一部ではありますが、存在意義はあると信じて運営しています。お心ある皆様にもそう思っていただけたらいいなと思っています。

引き続き応援していただけましたら嬉しいです。

 

 

Pocket