【LOVE & Co. JOURNAL】ねこたちのお引越しとあられちゃん


Pocket

本日は朝からバタバタでした。

昨日から私、今村家の保護部屋にお引越ししたあられちゃんファミリー。

基本、他の猫は立ち入り禁止に(最初だけけろくんが見に来ちゃったけど)。

本当だったらあまり環境は変えたくなくなかったのですが、やむをえない理由によりお引越ししてもらいました。

現在ラブコの預かりさんは4箇所。多摩川キャッツ預かりのchaomiさん(ライオン&さっぱり)とSさん(チビ)、同じく多摩川キャッツのミラクルを預かっていただいているYさん、それからこしあんとつぶあんを預かっていただいているOさん。

そのうちライオンとさっぱりを預かっていただいているchaomiさんは、ラブコと同じようにオフィスでお世話をしていただいていましたが、オフィスを転居されるとのことで、引越し先の物件もペットOKの場所にしてくださったのですが、頭数制限があって1頭までしかダメになってしまいました。

ライオンとさっぱりもFIVキャリアで、ラブコにはキャリア部屋があるのですが、すでにHOPPERを入れて4頭いるのですよね〜。そこにプラス1となるとちょっと狭すぎて、ねこたちのストレスが心配でした。というのもでかおちゃんとハンサム君が最近よくやりあっておりまして。。

考えた末、ハンサムをchaomiさんにお願いし、ライオンとさっぱりをラブコに戻すことに。何れにしてもキャリア部屋が狭すぎるので、あられファミリーたちのお部屋を明渡すことにしました。

もともと私は個人で保護活動していたので、一応保護部屋なるものがあります。同じくラブコキャッツの月ちゃんがそこで生活していたのですが、最近月ちゃんはうちのねこたちと馴染んで、保護部屋にいないことがほとんどなので、その一部屋をあられちゃんたちに使ってもらうことにしました。

 

環境が変わるとストレスになるので心配でしたが、ご飯も食べ、トイレもバッチリと安心していたのもつかの間、今日の朝みたらあられママの様子がおかしい。

チビたちからいつも離れなかったのに、チビたちのベッドを出て、爪研ぎハウスの中で佇んでるし。。

顔をみたら舌を出していて、いつもは威嚇するのに、今朝は触りたい放題。これはのっぴきならない事態と思い、速攻病院に連れて行きました。

血液検査、エコー検査もしてもらいましたが、どうやら乳腺炎とのこと。

チビが2頭と少ないので、おっぱいが張って固くなってしまい、炎症が原因で発熱してしまったようです。

とりあえず、点滴をしてもらい、ビタミン剤も打って様子をみることに。

おっぱいはいっぱい飲んでもらった方がいいようなのですが、吸われると痛いので辛いみたい。。。(涙)母は大変ですね。。

チビたちは体重測定をまめにして、増えているようなら問題ないみたいですが、授乳をやめてしまったら人工授乳にしなくちゃいけません。
本当はあられママが授乳した方が、双方にとって良いみたいなのですが、、、。慎重に様子をみたいと思います。

(念のためチビたちも一緒に通院しました)

通院で出勤が遅くなってしまったので、非番だった矢沢がご飯とお掃除をしてくれました(助かった!)。

その後、ハンサムをchaomiさんの新事務所にお届けし、帰りに旧事務所でライオンとさっぱりをpick upしてラブコに戻りました。

やっぱり仲良しですね。

というわけで、あられちゃんが心配ではありますが、引き続き注意深く見ていこうと思います。

日曜日はオープンラブコ、オフィスDE譲渡会です!

ライオンとさっぱりもいますよ〜!

これから猫を迎えたい方、お待ちしています!

 

Pocket