Tamagawa Cats Project


Pocket

 

きっかけは10月に立て続けに発生した台風でした。

台風による多摩川の氾濫危険アラートがスマホに届いた翌日、川原で暮らす猫たちにご飯をあげているfacebookの友人が、猫たちの姿が確認できないという悲惨な投稿をfacebookにあげているのを見ました。

LOVE & Co. (ラブコ)のお手伝いを頻繁にしてくださる、オフィスの近くに住んでいる LOVECo Worker さんも、先ほどの方とは別のエリアの多摩川の猫たちのお世話を時々していたので、心配になって「多摩川の猫たちは大丈夫?」と聞いてみたところ、

お世話をしているエリアの子たちはたまたま全員無事を確認できたけれど(川の向こう側の子たちは流されてしまった子もいたのだそう)、土手まで氾濫した川に猫らの寝床などは全て流されてしまい、ドロドロの土手の中に、これから訪れる冬の寒さに耐えられるような猫の寝床を新たに作り直さなければならないという状況でした。

詳しく事情を聞いてみると、多摩川の1キロほどのエリアには11匹の猫が暮らしていて、その子たちのごはんの面倒は、あるご婦人が朝と夕方の1日2回をほぼ毎日お一人であげに行っているとのこと。数人の方が時々出来る範囲でお手伝いをしてはいるが、ここ何年もの間はそのご婦人がおひとりで、雨の日も雪の日も毎日欠かさず猫のお世話をしてきたのだそう。

ちょうどその頃、ラブコオフィスではご近所さんの LOVECo Worker さんが増えてきていた事もあり、 LOVECo Worker さんで餌やりのお手伝いをするよ!という方を募りご婦人にご紹介しつつ、ラブコで今後保護するのは多摩川の猫を優先にして、時間はかかるけれどご近所の多摩川の猫のゼロを目指せたらいいな~と考えていたのです。
が、頻繁に訪れる台風のたびに猫たちは危険な目に合いますし、聞くところによると滅茶苦茶人慣れしまくっているそのエリアの猫たちには、これまで過酷な中で生活してきた分も、今後はお家の中で家族と一緒に暮らすという生活をさせてあげたいと強く思うようになったのです。

 

どうやら最近1匹仔猫が増えたとの情報・・・

全部で12匹。
ラブコで一時預かりさんを募れば、なんとか12匹全頭、これから益々寒くなる前に保護できるかもしれないっ!

去年、演歌ファミリー総勢11匹のご相談があった時にも、SNSで呼びかけて一時預りさんが見つかったりご支援いただいたりして何とかなったし!!!

そんな経緯で、「Tamagawa Cats Project」を立ち上げ、現在も一時預かりさんを大募集しております。(インスタグラムで捕獲~新しい家族を見つけるまでの一大プロジェクトをお届けします

一時預りさんとは、猫たちが新しい家族を見つけるまでの間、猫を愛情いっぱいにお世話しながら一時的に預かってくださる家のことです。

猫が安全に暮らせる環境さえ整っていれば、どなたでも一時預かりをしていただけます。

一人暮らしでも大丈夫ですし、既にペットを飼われている方も仕切れる部屋やケージが設置できれば問題ありません。ペットと暮らしたいのに高齢を理由に譲渡を断られる方や、ペットロスで新しいウチの子を迎えるにはまだ勇気がでない方も、期間限定なら猫たちに愛情をかけてあげられるかもしれません。

住居だけではなく、オフィスでの一時預かりもOK!
ラブコだってオフィスで10頭前後の猫を保護しています。
オフィスで猫を保護したり一時預かりをするノウハウは一番ラブコが分かっているので、今後はオフィスDE保護(一時預り)をどんどん増やしていきたいと、こちらのプロジェクトも進めている最中だったりしています。

一時預りしてみたいな・・・という皆様の思いやライフスタイルを伺いながら、猫たちの生活や持病との兼ね合いや相性を考慮し、猫にとっても一時預りさんにとってもできる限りベストな形を模索したいと思っています。

猫と暮らしたことが無い方も、一時預り中はできる限りサポートいたしますので、不安や疑問は都度ご相談くださって構いません。

名乗り出たからといって無理強いすることは決してありませんので(笑)、少しでも一時預かりに興味がある都内近郊にお住まいの方は、こちらのメールまでご連絡ください。

info@love-and-co.net

 

それから、一時預かりはできないけれど「Tamagawa Cats Project」を応援したい!と思ってくださる方々にお願いがあります。

12匹の猫は、預りさんのお宅に行く前に動物病院で必要な検査・医療ケアを行います。
検査の結果、特別な治療が見つからなかったケースでも、少なくとも50万ほどはかかる見通しです。

ラブコは、本当に小さくやっている会社なので、その医療費ほどの貯蓄も正直厳しい状況です(滝汗)

年末のボーナスで懐が潤っているぜ!という方は、コチラから医療費の寄付をしていただけます。

お買い物しながら楽しくサポートしたいわ!という方は、コチラからお買い物していただけます。

 

ラブコが目指しているのは、みんなが出来ることを少しずつ続けながら犬猫が幸せに暮らせるようにサポートするネットワークや社会を作りたいと思っています。

こちらの記事をシェアしてくださる事も立派なサポート。
少しでも多くの方の目に届きますように。

そして、多摩川で暮らしている人が大好きで甘えん坊な猫たちが、一時預かりさんのお宅で新年を迎えられますように。


最近多摩川に放棄(?)されたのか突然現れた三毛猫。
既に捕獲し病院でのケアも完了。本日ラブコ入りします。

 


ちょー仲良しな兄妹の朝ちゃんとチビちゃんは、いつも一緒にいるのです。どちらもスリゴロ魔。

 


カトウクロちゃん。一人でいることが多いビビリな甘えん坊の大食い。スリゴロ魔。

 


アメショちゃん。周りの猫らに馴染めずひとりでいる事が多いけれど人が大好きな優しい甘えん坊。スリゴロ魔。

 


デカオ。ビッグなフェイスで個性的なビジュアルとは裏腹に、気が小さい優しい子。スリゴロ魔。

 


ひまわりちゃん。ビビリだけど人が大好きでマイペース。スリゴロ魔。

 


ナカムラクロちゃん。ひまわりちゃんと人が大好きでいつも姿が見えなくなるまで見送ってくれます。スリゴロ魔。

 


ライオン。他の猫らに馴染めず単独でいる事が多い。彼に会いに来る人もいるらしいファンを多く持つ絵になるルックス。

 

 

ご覧のとおり人が大好きな甘えん坊のスリゴロ魔が多数存在しております。
「バイバイ」や「またね」じゃない、ずーっと一緒にいてくれる家族が見つかりますように・・・

他の子たちの紹介は、インスタで見れますよ~☆

 

 

Pocket


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

One thought on “Tamagawa Cats Project

  • 野上 直子

    寒い時期になると、外に住んでいる猫たちをおもって、胸が痛みます。
    少しずつでも、たくさんの人たちが協力してくれる世の中にしたい。
    自分の出来る形でサポートさせてもらえたらと、、、
    大変だと思います。微力ですが応援しています。

    0