スタッフブログ 一歩踏み出しちゃえ! 2


Pocket

スタッフの今村です。

このスタッフブログでは犬猫とは関係ない事も盛り込んでいこう〜と思っていたのですが、自宅でもオフィスでも猫に囲まれ、最近は自宅と等々力の往復しかしていないからネタがない〜笑。あるとしたら最近みたホラー映画とかぐらい(爆)

 

LOVE & Co.の設立から4ヶ月経ちました。

最近、ようやくクラウドファンディングのリターンもほぼ完了し、(手描きのボウル&マグの制作、お待たせしてすみません!)次のステージに向けてまっしぐらです。

実はプライベートでは悲しい事もありました。

個人で保護活動していたときに、里子に出し、出戻ってきた黒猫くんとの別れがありました。それでも、会社をやめて、今の仕事だったから病院に連日連れて行ったり、一緒の時間をたくさん過ごせたり、こちらの気が済むまでやれることをやれたと思っています。元気だったころよりも、体調を崩して、看病をしていたときのほうが、なんか幸せそうだったのです。。普段寂しい思いをさせてしまってたんだな、って切ない気持ちになりましたが、最後は一緒に過ごせて幸せでした。

譲渡活動ってやりがいはあるし、これを仕事にできるってことはとても幸せなことだけれど、責任も重大で、何が正解かわからないながらも最善を目指してやるしかない活動だとしみじみ感じています。

今は法人となって、活動していますが、もともとは個人でほそぼそと活動していました。

hogoneko

 (記念すべき私の保護猫第一号、ホレイショくん。けろとパピちゃんがよく面倒みてくれたっけなあ)

 

hogoneko2

  (保護猫がやってくるたびにチェックにきていたふたり(笑))

 

hogoneko3

(けろくんとパピちゃんの協力なしではできなかったなあ)

 

個人でやっているときに、野良猫ちゃんを助けたい気持ちはあるけど、自分では保護できないという方から相談を受けて、その方の代わりに猫を保護し、飼い主さんを探すというお手伝いをしたことが数回ありました。

まあ、個人のお宅で猫を保護するって、お金もかかるし、住宅の事情や、家族の了解を得られなかったり、ハードルはいろいろありますよね。。

でもね、嬉しい事に、最初はおうちで保護できないといっていた方から再び連絡があって、今度は自分で保護したから、里親探しのやり方を教えてほしいって連絡がきたのです。

そして、見事里親さん探しも無事に終えて、良かった〜と思っていたら、再び連絡が来て、また猫を保護したので、今度は里親さん探しの宣伝に協力してほしいと。

最初は自分では保護は無理、と言っていた方が、確実にレベルアップしてるではないですか〜。その方は、もはや私なんかよりもずっとたくさんの猫を助けるようになっていました。おうちにはヤキモチやきのわんこもいて、小さなお子様もいて、同居のご両親の了解も得られないと言っていた方が、いつのまにか、数々のハードルを乗り越えていてびっくりしました。

 

みんながみんな、彼女のようにはいかないかもしれないけど、犬猫の保護活動って、一歩踏み出す事から始まるんじゃないかなあと思います。本格的に保護活動しなくても、たまたま捨て猫に遭遇してしまったときに、その一頭を助けてみようってことからスタートすることがあってもいいかと。

どこの保護団体さんも、結構運営って大変だと思うのです。それに、保護する人の手が増えたら、保護団体さんは殺処分される子を引き出したり、別の子を助ける事ができます。

LOVE&Co.でも行き場を失った犬猫たちをこれからも保護していきたいと思っていますが、個人として、葛藤や悩みも経験してきたヒストリーがあるので、一歩踏み出してみようって思っている方を応援していければな〜と思っています。

そんなワークショップとかできたらいいなと思っているのですが、別のスタッフに果たして人が来るのだろうか、、と言われました 笑。来ないかな〜??

 

 

 

 

 

Pocket


コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 thoughts on “スタッフブログ 一歩踏み出しちゃえ!

  • 山下 恵子

    こんばんは。
    先日9日に、アニマルコミュニケーションのミニセッションに参加させていただきました。
    心地よい空間で貴重な体験をさせていただき、本当にありがとうございました。

    ブログを拝見し、なんだかモヤモヤしている視界の中に光が見えた気がしてしまいまして、思わずコメントを書いてしまっております。

    生き物が好きで、困っている子がいるなら、できることがあれば、、何かしたいと思っている人はあちこちに割といらっしゃると思います。
    同じ気持ちを持っている人がいることが分かるだけでも、「何かしたい」の背中を押すことはできると思うので、
    ワークショップ、賛成です。
    ゆくゆくは、そういうサークル活動の拠点のような存在になっていたただけると、嬉しいです!
    都合よすぎますでしょうか。

    お金は出せないけど手は出せる。手は出せないけどお金は出せる。。
    場所だけだったら提供できる。。
    いろいろ様々事情がある中で、うまく協力し合っていけたら最高だなぁと思います。

    仲間を増やしたいですね!!

    • love & Co. 投稿者

      山下さま

      先日は、「アニマルコミュニケーション」へのご参加、誠にありがとうございます!

      山下さまの仰っていることはまさに、ラブコがやりたいことでもあります。
      保護やボランティアは敷居が高いけれど、自分の得意なことでお手伝いしていただくことも犬猫へのボランティアに繋がると思っています。

      保護のワークショップ、前向きに検討してみますね☆゛
      ご意見ありがとうございます。今村が喜びます。

      矢沢