【LOVE&Co. JOURNAL】地域猫も大変なんです&保護できない理由


Pocket

MEET WHIP!

昨晩深夜にボロボロのねこがやってきました。

クリーム色のしょぼい顔をした(笑)ネズミみたいな尻尾のねこ。

ガリガリに痩せて、耳の後ろの皮膚が真っ赤にただれてしまっていました。

 

 

よく見たら耳カットしてあり、去勢手術済みでしたので、地域猫ちゃんだったのだと思います。とても人懐こい子。

 

悩んだ挙句、名前は「ホイップ」にしました。夏だから「なつお」とか、真夜中にきたから「まよ」→「マヨネーズ」、オスだったら「深夜(シンヤ)」もありかなあとか考えていたんですが、コーヒーラベルをデザインすることのことを考えて「ホイップ」にしちゃいました(笑)ホイップも可愛いですよねっ?!

 

それはそうと、保護したらまず病院です。一夜明けて、いつもお世話になっている品川WAFどうぶつ病院に連れて行きました。

ホイップを見るなり先生が「こりゃひどいですね」と一言。

皮膚のただれは感染症の可能性が高いけれど、日光アレルギーの可能性もあり(白猫はなりやすいのです)、扁平皮膚癌の可能性も否定できないとのことでした。皮膚ガンの詳しい検査は病理検査が必要なのですが、鎮静をかけて皮膚をえぐり取らないといけないとのことで、ねこの体に負担もかかるし、とりあえずは感染症を疑って治療をし、治りが悪ければ次のステップに進むことに。1-2週間で改善が見られると良いのですが。。。

 

 

ガリガリのホイップの体重は2.7kgしかありませんでした。台風直撃したら飛ばされちゃいそうです。大人の雄で2kg台とは。。。骨格は小さいわけではないので、いっぱい食べてもっと太ってくれるといいのだけれど。

栄養不良、それから皮膚をかきむしって出血が酷いせいもあってか貧血も起こしていました。

幸い食欲はものすごくて、薬が入ってるのを気にする様子も全く見せず、よく食べてくれます。

推定年齢は10歳は超えているのではないかとのことでした。歯もボロボロだし、痩せ具合が月ちゃんと似てるのよね。。。

 

今年の暑さは異常だし、外でよく頑張ってきたと思います。いつから外にいるのかわからないけれど。。。人に慣れているから昔は飼い猫だったのでしょうか。。。

地域猫ちゃんと聞くと、地元の人に見守られてなんだか安心してしまうのですが、野良猫は野良猫。明日の保証は何もありません。ご飯を持ってきてくれる人はいたのかもしれないけれど、こんなにボロボロのホイップを見ると野良猫として生きていくことがどんなに過酷かを改めて思い知らされます。(時折、「保護するのは人間のエゴで野良猫のままの方が幸せだ」と言われることがあります。野良猫のままの方が猫にとって幸せ、と本気で思えたら、なんの迷いも葛藤もなく何もしないでいられるわけだから楽でいいなあと思います。

 

ちなみにホイップくんは数日の間、LOVE&Co.のオフィスではなく私の自宅にいてもらうことにし、今晩は私と一緒に帰宅しました。

 

 

皮膚のかきむしりが酷いので、念のため、数日他の猫から離した方が良いとのことだったのですが、LOVE&Co.のオフィスに今隔離できる場所がないのです〜。エアコン問題があって、扉を閉められないの(涙)。

我が家にも6頭猫がいますが(うち一人は月ちゃん)、幸い、数日間であれば私の部屋を立ち入り禁止にできなくもないので、うちにステイしたあと、LOVE&Co.に戻る予定です(そのあと問題なければ預かりさんのお家にいく予定〜!)。

性格も穏やかでとってもいい子だし、ホイップくんが気になる!という方がいらっしゃいましたらご連絡ください!面会も可能です。

 

昨晩は臨時用の狭いケージで我慢してもらっていたのですが、3段ケージに移ってからご満悦の様子(笑)

可愛いの〜。

 

 

LOVE&Co.のオフィスには現在13頭の猫。CHAOMIさんのところのハンサム、多摩川キャッツのチビ&朝コンビ、一預かりさんのグレイス&チコ、そして我が家の月ちゃんにホイップを加えると20頭になってしまいました(汗)

譲渡も頑張らないといけないし、医療費諸々稼がないといけませんっ!

毎日というわけではありませんが、多いときは一日に何件も猫を引き受けて欲しいという内容のメールや電話をいただきます。ご自分で保護できないという理由は理解できないわけでもないのですが、保護している方はみんな乗り越えてきたことだと思うので、頑張ればできるはずです。

 

ペット不可に住んでいるから保護できない:

マンションの規約順守 と猫の命とどちらが自分にとって大事なのか考えてみるといいと思います。

 

先住猫がいるので保護できない:

保護している人はみんな先住猫がいます。

 

家族に反対されるから保護できない:

最初から賛成してくれる人はほぼいません。

 

お金がないから保護できない:

クラウドファンディングがあります。

 

猫のことがわからないから保護できない:

これを機に勉強したらどうでしょうか。

 

保護したことがないから保護できない:

何事にも最初があります。

 

みなさん、野良猫のことを気にかけている優しい方ばかりだと思いますし、LOVE&Co.に資金、人、場所の余裕があったら引き受けたいのは山々ですが、現状では一人一人の方が頑張っていただかないと破綻してしまいます。

なので一緒に頑張りましょう〜

 

<毎週日曜日はオフィスDE譲渡会 12:00-16:00> 毎週日曜日は等々力のLOVE&Co.のオフィスで譲渡会(オープンラブコ)を開催中! 猫の譲渡希望の方はもちろん、保護活動に興味のある方、ボランティアをしたい方、お買い物をしたい方、ご予約なしでお入りいただけます。(注:猫カフェではないので、お茶しながら猫と遊びたいという方はご遠慮ください)

 

 

 

<お買い物で保護猫を応援! オンラインショップLOVE ME SHOP> 猫のお迎えは難しくても応援できます!こちらの商品の売り上げが保護活動の大きな資金になっています。保護猫たちもモデル業を頑張っていますので、ぜひお買い物でご協力してくださ〜い! LOVE ME SHOP

Pocket